【Diver】「この記事を書いた人」の設定方法について
スポンサーリンク

こんにちは、Gyuです。

記事ごとに執筆者を目立たせたい…

今回はこんなお悩みをお持ちの方に、「この記事を書いた人」の設定方法について解説いたします!

スポンサーリンク

この記事を書いた人を設定すると?

「この記事を書いた人」を設定すると、

↑記事のタイトル部分、右下部分の小さなアイコンや、

↑記事の終わりにライターアイコンと、ライタープロフィールを載せることができます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人を設定するメリット

ライターを目立たせ、ファンを作ることができる

この設定をすることで、「この人がこういう記事を書いたのか」ということを伝えることができます。

これにより、記事自体に興味を持ってくれた方が、ライターベースで記事を閲覧してくれることに繋がります。

また、ブログを複数人で運営している場合に、記事の著者を明確にすることができるというメリットもあります。

こうして記事を見て頂く度にライタープロフィールを見ることになるので、

「またこの人が書いている」

と、無意識に刷り込みを行うこともできるようになります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人を設定する方法

アイコンとプロフィールを設定しよう

まずは、この設定で表示する為のアイコンとプロフィールを設定しましょう。

場所は、WordPressの管理画面左のメニュー>ユーザー>あなたのプロフィール>あなたについて
です。

開いた場所に、上記の様にプロフィール写真とプロフィール情報を入力することで完了です。

2
DIVER側の設定をいじろう

続いて、DIVER側の設定をいじりましょう。

WordPressの管理画面左のメニュー>外観>カスタマイズ>投稿ページ
を開くと、以下のようなページに飛びます。

↑ここの、赤枠部分の3項目にチェックを入れることで設定は完了します。

DIVER公式の解説ページはこちら

まとめ

いかがでしたか?

DIVERは多くの設定項目がありますが、今回の設定は比較的簡単な方かと思います。

引き続き私も色々と設定をいじっていこうと思いますので、解説をしてきますね!

ご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
このサイトで使用しているWordPressテーマ

SEO対策が盛り込まれた最高のWordPressテーマ

DIVERは、WordPress初心者でも簡単に利用することが可能である、高品質/高機能なWordPressテーマです。美しいデザインに注目されますが、その中身も洗練された機能が盛り込まれています。収益化の為のSEO対策は、全てDIVERに搭載されている為、記事執筆に集中することができるようになります。

また、DIVERは一度購入すると、複数のサイトで利用し放題となります。
加えて永年無料アップデート・問い合わせサポートが付いていますので、「これからブログを頑張りたい」と考える方に最適なテーマと言えるでしょう。

おすすめの記事