【Diver】ブログ効果を最大化させる「CTA」の設定
スポンサーリンク

こんにちは、Gyuです。

どうしても伝えたいことがあるんだけど、記事ごとにページを設定できたりしないのかな…

今回は、そんなお悩みを解決するため、CTAの設定をお伝えします!

DIVERの設定を使用すれば、あらかじめ作成しておいたページを、記事ごとに簡単に設定できますよ!

ぎゅう
10分~15分程度で設定することができますよ!
スポンサーリンク

「CTA」とは?

そもそも、ブログ効果を最大化させる「CTA」というものは何なのかを説明します。

「CTA」というのは、"Call to Action"の頭文字を取った略語です。
"Call to Action"を日本語訳すると、「行動喚起」となります。

もう少しかみ砕くと、「Webサイトを見た人に取ってもらいたい行動を促すこと」という意味になります。

分かりやすい実例でいうと、JCBカードの入会ページが挙げられます。

この入会ページは、
カードの特徴→現在のキャンペーン情報→カードの詳細特典→カードの申込みボタン
という作りになっています。

この、
カードの特徴→現在のキャンペーン情報→カードの詳細特典→カードの申込みボタン
の部分が、CTAとなっています。

一般的には、記事の最下段にCTAを設置することで、最も効果が高いと言われています。

DIVERでは、CTAを予め作成しておくことにより、記事編集画面から簡単にそのページを挿入することができる機能が備わっています。

ぎゅう
CTAのテンプレートは、複数種類登録しておくことができます!

スポンサーリンク

「CTA」の作成方法

CTAを表示させるためには、まずはそのページを作成することが必要です。

WordPress管理画面のCTA→新規追加を選択してください。

通常の記事作成画面が開きますので、自分が行動喚起したいものの記事を作成して下さい。
(あまり長すぎないようにしましょう)

CTAページが完成したら公開を押すと、CTA一覧に登録されます。

これでCTAの設定ができるようになりました。

スポンサーリンク

「CTA」の設定方法

それでは、完成したCTAを実際に設定しましょう。

DIVERでCTAを設定するのは非常に簡単です。

記事執筆画面の下にいくと、「CTA」という項目があります。

プルダウンを選択すると、先ほど作成したCTAのタイトルが出てくるのが分かります。

ここで表示したいCTAを選択して普通に記事を公開すれば、CTAページを表示することで完了します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一度CTAを登録してしまえば、非常に簡単に記事へ挿入できるので、更なるブログ効果の向上を狙うことができます。

DIVERを使ったCTA表示は、非常に便利で大切な機能の一つです。

是非この機会にあなたのブログにもCTAを導入してみましょう。

スポンサーリンク
このサイトで使用しているWordPressテーマ

SEO対策が盛り込まれた最高のWordPressテーマ

DIVERは、WordPress初心者でも簡単に利用することが可能である、高品質/高機能なWordPressテーマです。美しいデザインに注目されますが、その中身も洗練された機能が盛り込まれています。収益化の為のSEO対策は、全てDIVERに搭載されている為、記事執筆に集中することができるようになります。

また、DIVERは一度購入すると、複数のサイトで利用し放題となります。
加えて永年無料アップデート・問い合わせサポートが付いていますので、「これからブログを頑張りたい」と考える方に最適なテーマと言えるでしょう。

おすすめの記事