【サイバーエージェント書類選考通過実例公開!】転職における職務経歴書の書き方のコツとは?
スポンサーリンク

こんにちは。日頃人材会社に勤め、数々の選考用書類を見ているGyuです。

転職活動を始めると、色々と用意するものがあります。

その一つが、職務経歴書です。

転職では書類選考に通過すること自体、高い壁になっています。


今回は実際に私が、大手ネット広告代理店の【サイバーエージェント】に書類通過した時の職務経歴書を公開しつつ、作成のポイントについて解説していきます。


こんな方にオススメ

〇転職をしたいが、何をしたらいいか分からない


〇合格する職務経歴書の書き方を知りたい


〇正直コピペで職務経歴書を作りたい


ぎゅう
私が転職活動で使っていた職務経歴書なので、自由にコピペして使ってOKです!
(あまりオススメしませんが……)


スポンサーリンク

職務経歴書とは?

職務経歴書というのは、自分が今までどんな仕事をしてきたのかを、他人に伝える為のものです。

転職において、求人募集元の企業からすれば、求人応募者が面接するに値するかを、事前に判断しておく必要があります。

募集元企業が大企業であれば、応募者数は数百・数千となるので尚更です。

その判断材料として使われるのが、履歴書と職務経歴書です。

職務経歴書は大きく分けると、以下の項目で構成されるのが一般的です。


〇職務要約

〇職務経歴

〇活かせる知識・経験・スキル

〇資格・語学力

〇自己PR


文量としては、A4縦置き横書きで、2枚程度に収まるくらいを意識しましょう。


また、よく

書類って手書きの方が良いのか、PCで作成したものがいいのか、どっち?


という質問が来ますが、どちらでも良いです。

正直人事担当者は手書きかPC作成されたものかは判断材料にしていません

変なところで目立とうとせず、自分がやってきた仕事をしっかり棚卸しし、相手に伝えることを意識して、書類の作成に挑みましょう。


スポンサーリンク

職務経歴書の書き方

職務経歴書の重要性について説明したので、実際に書き方を解説していきます。


今回は、私が転職活動をしていた際、サイバーエージェントに書類通過した実際の書類(個人情報等は伏字に編集)を用い、解説していきます。

ぎゅう
ちなみにサイバーエージェントは最終面接で落ちました

職務要約

平成〇〇年〇月に△△大学□□学部卒業後、株式会社〇〇に入社。配属後、各種OJTを経て、内部事務業務全般を習得。その後法人部渉外二課に配属。当課では、経営難に陥った中小企業の取引先に対し、現状の経営問題点・財務改善アドバイス等を通じ、融資金の返済計画を策定する業務に従事。それ以外にも、住宅ローンの返済相談・銀行本部宛ての各種報告書作成の取りまとめ等、担当外業務にも積極的に目配りを欠かさず、支店業務平準化にも貢献。

私は新卒で地方銀行に勤めていたので、一般企業の書き方とは少し違うかもしれません。

ポイントは、

〇200文字位で作成

〇大学卒業から記載

〇働いていた内容を分かりやすくまとめつつ、文章の最後にはさらりと自己PRを入れる

ぎゅう
ここはあくまで「要約」です。

細かい数字等は次で書いていきますので、概要だけに抑えておきましょう。


職務経歴

平成〇〇年〇〇月~現在 株式会社 〇〇
事業内容:〇〇業
資本金:〇〇億円 粗利益:〇〇億円(平成〇〇年〇月) 従業員数:〇〇名 

期間業務内容
平成〇年〇月~
平成〇年〇月
株式会社 〇〇入社:〇〇支店配属

新入行員研修・各種OJTを通じ、銀行内部業務全般(預金・融資・為替)を習得。また、丁寧なお客様対応を常に心がけ、社会人としての基本的なマナーも習得することができた。
平成〇年〇月~平成〇年〇月(現在)法人部 渉外二課に配属

債権回収を担う課に配属。(課の構成:課長1人、担当1人)

取引先数:○○社(人) 管理総額:○○億円

○担当業界は主に不動産・建築・製造・小売業。

○経営改善に向けた財務アドバイザリー業務。

○自己査定、金融庁検査による分類債権の分析および検証。

○新入行員の指導役に任命、マナーや業務知識の教育を行う。




【実績】

〈平成〇年度実績、〇月時点〉

○開示債権削減  :〇千円[目標達成率:110%]

○引当コスト削減 :〇千円[目標達成率:90.7%]

○手数料等収益貢献:〇千円[目標達成率:135%]


ここが最も重要な点となりますので、しっかり書きましょう

上記の様に、在籍会社の簡単なプロフィールを記載した後に、時系列順に記載していくことをお勧めします。


また、営業職であればどんな・どれくらいの・どういったスタイルで営業をしていたのかについて記載を漏らさないようにしましょう。


どんな:営業対象(toBなのか、toCなのか。どういった業界を担当していたのか等)を箇条書きで記載

どれくらいの:管理している企業(顧客)数

どういった:既存顧客と新規顧客の割合を記載

ぎゅう
正直人事担当者はここを念入りに見て、通過か見送りを判断します。

自己PRはあくまでプラスαに過ぎません。


活かせる知識・経験・スキル

相手の立場に立って話を聞き、理解する力

取引先の返済計画を策定していく中では、現在の財務状況といった数字を元に話を進めることが定石ですが、私はそれに加えて、常に相手の経営難に陥った経緯や、お客様の今後の希望を聞くことを欠かさないようにしています。
何故なら、お客様の存在が不可欠な営業にとって、双方がそれぞれの立場を理解し、納得できる対話を通じなければ、常に最適なソリューションを導き出すことはできないと考えているからです。

私は現職にて得た上記のスキルを積極的に活用し、貴社に入社した後も、クライアントとの対話を欠かさず行うことを約束します。
単純なセールスではなく、潜在ニーズをキャッチし、浮き彫りとなった課題に向かって、クライアント・チーム一丸となりゴールまで突き進むことで、貴社の営業成績に貢献できると考えます。


文章を作成する際は、以下の流れで構築するようにしましょう。

自分の強みは何か


実務で感じた問題点と、それに対する自分の行動


その強みを応募企業でどのように活用していくのか

ちなみに、ここでキャッチーなフレーズをひねり出すくらいなら、職務経歴を厚くした方が、通過確率は上がる傾向にあります。

資格・語学力

○平成×年×月  日商簿記検定2級取得
○平成×年×月  普通自動車免許取得
○平成×年×月   証券外務員1種 取得
○平成×年×月  生命保険一般過程取得
○平成×年×月   生命保険専門課程 変額保険販売資格取得
○平成×年×月   損保基礎単位試験 損保火災保険単位試験取得
○平成×年×月  2級ファイナンシャル・プランニング技能士取得

資格については、保有している物は全て書いた方がいいです

採用活動において、人事担当者はある程度年齢や、経験年数で足きりをするラインを設けているのですが、資格を持っているから経験が不足していても採用したというケースは往々にしてあります。


自己PR

 私は、どのような環境にも柔軟に対応し、結果を出すことができる人間です。

現職である法人部渉外二課では、異動の関係で同課の担当者が3名から1名となり、私の受け持つ管理取引先数が約3倍に増えました。
それと同時に、債権回収の知識・経験のある上司が支店から1人もいなくなってしまいました。

そこで私は、
①案件一つ一つにかかる時間を見極め、効率的に処理していく意識
②分からないことでも、逃げずに挑戦する精神
を武器に仕事と向き合いました。

その結果、案件処理のスピード・対応できる案件種類の幅の二点において大きく成長できました。
それだけでなく、担保の無い早期回収を図らなければならない長期延滞先に対し、回収交渉を粘り強く行ったことで、元金5百万円の回収に成功し、銀行業績の貢献へとつなげることができました。

貴社は、インターネットという目まぐるしい変化のある産業にて、常に挑戦し続けるベンチャースピリットを忘れずに業務に取り組んでいると伺っております。
私の培ってきた武器を全力で出し切り、貴社にとって必要不可欠な人材へと成長していきたいと強く思っております。

ここはお任せします、思い思いの事を書きましょう。

……それでも中々思いつかない方は、次の事を意識して書いてみて下さい。

現職で感じた課題点


それに対して自分が能動的に取った行動


その行動によってどうなったのか/どう感じたのか


自分の強みを応募企業でどのように活かせるのか


熱意


スポンサーリンク

まとめ

イメージは付きましたか?

ここまで職務経歴書を記載したら、求人にバンバン応募していきましょう!

また、職務経歴書を登録しておくことで、企業から直接面接確約スカウトを受け取れる転職サービスがあるのをご存じでしょうか?

 

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!では、

ただのDMではなく、企業の人事担当者が、登録しているレジュメを実際に見た上でスカウトを打っているというのが特徴的です。


せっかく職務経歴書を作成したので、企業からの直接オファーも狙ってみてはいかがでしょうか?

↓ミイダスの無料登録はコチラから↓

MIIDAS(ミイダス)


スポンサーリンク
このサイトで使用しているWordPressテーマ

SEO対策が盛り込まれた最高のWordPressテーマ

DIVERは、WordPress初心者でも簡単に利用することが可能である、高品質/高機能なWordPressテーマです。美しいデザインに注目されますが、その中身も洗練された機能が盛り込まれています。収益化の為のSEO対策は、全てDIVERに搭載されている為、記事執筆に集中することができるようになります。

また、DIVERは一度購入すると、複数のサイトで利用し放題となります。
加えて永年無料アップデート・問い合わせサポートが付いていますので、「これからブログを頑張りたい」と考える方に最適なテーマと言えるでしょう。

おすすめの記事