退職代行がいくらかかるのか?退職代行依頼におすすめサイトとは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

退職は代行する時代

[word_balloon id="1" position="L" size="M" balloon="talk" radius="true" name="" box_center="false" avatar_border="false" avatar_shadow="false" avatar_hide="false" name_position="under_avatar" balloon_shadow="true"]

もう会社辞めたいけど、中々勇気が出ない…

[/word_balloon]
[word_balloon id="unset" position="L" size="M" balloon="talk" radius="true" name="" box_center="false" avatar_border="false" avatar_shadow="false" avatar_hide="false" name_position="under_avatar" balloon_shadow="true" src="https://gyublog.net/wp-content/uploads/2020/05/komatta_man2.png"]

退職代行ってあるけど、あまり料金がかかるのはちょっと…

[/word_balloon]

こんにちは、Gyuです。
皆さんは今の仕事に満足していますか?
「今の仕事、天職!転職なんて考えられない!」という方は前のページに戻って頂いて大丈夫です。

今回は、「仕事を辞めたいけど、何らかの理由があって辞められない方」の為に、退職代行についてお伝えさせて頂きます。
結論を先出ししておくと、今の退職代行は以前に比べて、安く確実に取り組めるようになっています

スポンサーリンク

退職代行を使うメリット

退職代行は、その名の通り、「あなたと会社の間に、第三者が介入することにより、円滑に退職をすることができるサービス」であり、近年で需要が伸びています。
退職代行を使うことによる、メリットは3つあります。

今、すぐに退職できる。

退職を代行で考えている方は、きっと今すぐに退職をしたいと考えていることだと思います。

[word_balloon id="unset" position="L" size="M" balloon="talk" radius="true" name="" box_center="false" avatar_border="false" avatar_shadow="false" avatar_hide="false" name_position="under_avatar" balloon_shadow="true" src="https://gyublog.net/wp-content/uploads/2020/05/komatta_man2.png"]

退職って1カ月前に言わないといけないんじゃないの?

[/word_balloon]

と思っている方も中にはいますが、実は大丈夫です。

就業規則について

みなさんの働く勤務先では、働く際のルールを定めた「就業規則」があることと思います。
その就業規則には、

雇用者が退職を申し出る際は、その〇カ月前に申告すること。

という規則があるでしょう。
ですが、心配しなくて大丈夫です。何故なら、就業規則はあくまでも、会社側からのお願いに過ぎないからです。

[word_balloon id="unset" position="L" size="M" balloon="talk" radius="true" name="" box_center="false" avatar_border="false" avatar_shadow="false" avatar_hide="false" name_position="under_avatar" balloon_shadow="true" src="https://gyublog.net/wp-content/uploads/2020/05/komatta_man2.png"]

そうはいっても、会社から訴えられてしまうのでは?

[/word_balloon]

確かに、会社が訴えてくるリスクはゼロではありません。
しかし、会社が訴えるということは、訴訟をするコスト以上に会社側がメリットがあるという状況に限ります。

あなたが早期退職をした場合に会社に大きな損害を与える懸念があるのであれば、退職代行を使うことは少し考えた方がいいかもしれません。
ですが、実際に退職代行運営会社と、依頼主の雇用元との間で裁判が発生したことは現在ありません。まずは安心して代行会社に相談してよいでしょう。

民法的な観点

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(民法627条1項)

この時の"当事者"は、雇用されるあなたと、雇用元である企業です。
また、"雇用の期間を定めなかったとき"というのは、「雇用期間は〇年△月まで」と決まっていないケースのことです。これは、正社員に限らず、アルバイトやパートの場合も該当する場合があります。

この条文から逆に考えると、2週間前に退職を申し出て、申し出たその日から出勤をしなかった場合は、『2週間の欠勤の後退職ができる』と解釈することができます。

つまり、民法的な観点からみても、すぐに退職をして問題ないと考えられます。

関係を遮断できる

厚労省の調べによると、「人間関係がうまくいかなかったから」という退職理由は男性・女性共に5位と、メジャーな理由です。
(参考:厚生労働省HP/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/judan/seinen09/kekka3-5.html)

人間関係が嫌で退職を考える場合、もう職場に行ったり、上司に連絡することも嫌になってしまっていると思います。
退職代行を使うことにより、会社との連絡や貸与物の返却といったやり取りを全て代行会社に任せることができるようになります。
これにより、あなたの精神的な負担を大きく減らすことができるのは大きなメリットですよね。

また、代行会社からあなたへ連絡をしないように会社側へ交渉もしてくれます。
これは法的な強制力が無いので確実とは言い切れませんが、一人で退職交渉をする時と比べたら、精神面で大きな支えがあるのは嬉しいですよね。

精神的な支えができる

会社で勤めることは、組織に属することであるので、自分以外にも味方がいるはずです。
ですが、そこから飛び出す際の「退職」になると、一気にあなたは一人になります。

私自身も金融機関を退職した身であるのですごく共感できます。
私はそれまで普通のコミュニケーションを上司や課のメンバーと取れていたのですが、退職の申し出をした瞬間に、独りぼっちになってしまいました。

退職の申し出は当然労働者に与えられた自由ですが、その自由は大きな責任と覚悟を必要です。

退職代行会社への代行依頼により、そういった「誰にも相談できないような悩み」を話す機会ができます。
その機会はきっとあなたに精神的な支えを与えてくれるでしょう。

あなたは一人しかいません。取り返しのつかないことになる前に、退職代行会社への相談をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

あなたが思っているよりも、単純に解決ができるかもしれません

実際に退職代行を利用して退職を成功させた方の体験談を抜粋します。
退職成功者に共通しているのは、何か不安に思っていることがあって、一歩が踏み出せなかったということです。
そうした不安を、退職代行会社を使うことでクリアにすることが、いい退職を成功させるコツです。

退職をしたいが、もし退職を申し出たら、懲戒解雇になってしまい、退職金をもらえなくなってしまうのではないか。と考えてしまい、中々退職に踏み切れませんでした。

そこで、退職代行会社に代行を依頼したら、思っていたよりもスムーズに事が運び、1カ月もせずに退職することができました。

退職金も無事に振り込まれ、悩んでいた時間が無駄だったかもとすら思ってしまいました。
(20代・男性)

→懲戒解雇は、法的に見て簡単にできるものではないので心配しなくて大丈夫です。
労働者と雇用元の会社はあくまでも同じ立場ですので、どっしり構えましょう。

前職は不動産関係の営業職だったのですが、毎日ノルマに追われ、上司からも激しい恫喝をされて心身共に疲弊しきっていました。転職先を探し、無事に内定をもらうことができたのですが、上司に中々退職の申し出ができず悩んでいました。

退職代行会社に相談すると、「上司様ではなく、直接人事に申し出ましょう。」とのアドバイスを頂き、代行を依頼。
依頼の翌日には代行会社と前職の人事部との間で交渉が完了し、無事に退職まで至ることができました。

結局退職のことは上司に話さずにいれたことが本当に良かったです。
(30代・男性)

→どうしても苦手な方が会社にいることはしょうがないことです。
苦手な上司への相談を飛ばして、直接人事権を持つ部署に退職の申し出ができるのは、退職代行を使うことでしかできないのではないでしょうか。

退職代行をどこに依頼すればいい?

[word_balloon id="1" position="L" size="M" balloon="talk" radius="true" name="" box_center="false" avatar_border="false" avatar_shadow="false" avatar_hide="false" name_position="under_avatar" balloon_shadow="true"]

退職代行って沢山あってどこを使えばいいか分からない…

[/word_balloon]

最近だとコロナの影響もあり、退職代行の依頼件数は増加傾向にあります。
また、退職代行を行う運営会社も増加傾向にあり、どこに依頼すべきか迷われる方も多くいらっしゃいます。


そこでおすすめしたい代行会社は、【退職代行ガーディアン】 です。

✔【退職代行ガーディアン】のおすすめポイント

代行料金が業界トップクラスの安さ
→正社員・アルバイト・パート問わず、一律29,800円です。
 もちろん追加料金も一切かかりません。
 これだけ安ければ、退職金を少し使うだけでペイできてしまいそうですね。

LINEで簡単相談ができる
→退職というセンシティブな話題ですので、他人には対面や電話では中々話しづらいなんてこともあるかもしれません。
【退職代行ガーディアン】 を利用した方のほとんどは、LINEでの相談だけで退職まで至っています。

また、LINE相談の良さとして、「誰にも知られることなく退職相談ができる」といったものもあります。
電話で退職相談をしていて、一緒に住む家族に聞かれてしまいトラブルに…といったケースも少なくありません。

退職代行会社の中で唯一の「合同労働組合」が運営
→合同労働組合という単語は、耳にしたことのない方も多いでしょう。
合同労働組合とは、退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としてます。

労働者は星の数程いるが、あなたは一人しかいない

退職は、裏切りや逃げでも何でもありません。退職は、自由です。
あなたの本当にやりたいことは何でしょうか?あなたの本当に働きたい姿は今の姿でしょうか?

心をすり減らして働くことが美徳といった時代は、もう既に終了しています。
次の一歩の為に、今できること退職代行で叶えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
このサイトで使用しているWordPressテーマ

SEO対策が盛り込まれた最高のWordPressテーマ

DIVERは、WordPress初心者でも簡単に利用することが可能である、高品質/高機能なWordPressテーマです。美しいデザインに注目されますが、その中身も洗練された機能が盛り込まれています。収益化の為のSEO対策は、全てDIVERに搭載されている為、記事執筆に集中することができるようになります。

また、DIVERは一度購入すると、複数のサイトで利用し放題となります。
加えて永年無料アップデート・問い合わせサポートが付いていますので、「これからブログを頑張りたい」と考える方に最適なテーマと言えるでしょう。

おすすめの記事