【体験談】ARM製チップが発表された後にMacbookPro16インチ(2019)を購入した理由とは
スポンサーリンク

こんにちは、Gyuです。


2020.6にWWDCでAppleから発表されたApple silicon(ARM製チップ)ですが、

今後のMacのあり方が変わってくるような、衝撃的な発表会でしたよね。



その発表を聞いた上で、私は2019年のMacbookPro16インチを購入しました。

何故今、その選択をしたのか?2020年MacbookPro13インチを購入しなかった理由は?
について、お話ししていきたいと思います。

ぎゅう
6年ぶりくらいにMacユーザーになりました!


スポンサーリンク

今回購入したMacのスペック

こんなアンケートを取ってみたのですが、完全にアンケート結果を無視して購入しました。

回答してくれた方々本当に申し訳ありません…



今回はAppleのHPでカスタマイズして購入しました。

気になるカスタマイズ内容ですが、以下のように仕上げてみました。

MacbookPro16インチの上位モデルをベースに、メモリのみを16GB→32GBにカスタマイズを行いました。

使用用途はブログ執筆とライティングに加え、今後動画編集に手を出していくつもりなので、メモリだけ増設しておきました。


プロセッサやストレージ、GPUについては私の使い方だとオーバースペックになると考え、吊るしのままにしておきました。


カスタマイズに困ったとき、私は「とく」さんというyoutuberの解説動画を参考にしていましたので、是非皆さまも参考にしてみてください。


スポンサーリンク

何故今16インチを購入したのか?

冒頭で説明した通り、2020年内には、ARM製のチップが入った新しいMacが発売される中、何故今、あえて16インチを購入したのかについて、私個人の判断理由をお伝えします。


使用用途について

人がPCを購入する際には、必ず用途が定まっていると思います。


私自身は今までデスクトップのゲーミングWindowsのみを持っており、不自由なく使っていたのですが、以下のような用途が必要になってきた為、ノートパソコン・ひいてはMacbookの購入に至りました。

✔︎Webライターとして本格的に活動を始め、出張取材の可能性も将来的にあり得る契約になった為。


✔︎ブログやライターの活動を、場所の制限なく取り組めるようにしたくなった為。


✔︎動画編集スキルも学習したいと考えたため。また、動画編集ソフトは、買い切りかつ編集スキルがポートフォリオとして認められやすいという観点から、Final Cut Proを使用したかった為。

上記の理由から、Macbookを購入したいと考えるようになりました。


最初は、2020年の13インチを購入する予定だったのですが、様々なyoutuberがレビューしていた、Final Cut Proが使い物にならなくなる問題の懸念が払拭しきれず、16インチの購入を決めました。

ぎゅう
正直2020年13インチMacbookProは近年稀に見るヤバ機ですね…

このタイミングで13インチだけは購入したらいけないと思います。



ARM製チップを待たなかった理由

ここまでで、「ノートパソコンが必要」「Macbookが必要」「13インチは買えたものではない」という判断ができましたが、何故Apple silicon(ARM製チップ)のMacを待たなかったのか。

と疑問に思われることでしょう。


理由は二つあります。

ARM製チップMacは初期不良が多く出ると考えた

今回の2020年13インチ問題もあり、Macは初期不良が一定数出る製品というイメージが拭えていませんでした。


今までのMacの動向から見て、その発売モデルで不良品が多いか少ないかは、少なくとも半年〜一年間はかかるでしょう。


2020年12月にARM版Macが発売されたとして、初期不良のジャッジが下るのを待っていたら、安心して買えるようになるのは2021年6月になってしまいます


チップ換装により、革命的な仕様変更が起きるわけでもないので、それであれば「今、欲しい」を優先すべきと判断したのです。

2019年16インチは「完成」されたMacだから

前述の理由にも繋がりますが、2019年16インチは不具合報告も少なく、動画編集もできるモデルとして、数多くのレビューを獲得していた点が、「完成されたMac」として判断できました。


そもそもARMベースMacは、「省電力」と「安さ」が一番のウリとなっていますので、初めはAirやiMacに搭載されると思っています


そのため、16インチに相当するモデルがARMチップで発売されるのは、恐らく2年以上先だと判断できます。


intelチップで完成された最後のMacというロマンもあり、私はARMチップ版Macを待たなかったのです。

スポンサーリンク

16インチを購入した感想

最高です。

こんなに満足度(値段も)の高い買い物は人生の中でしたことがあったでしょうか……

windowsとは若干操作性が違うので、ショートカットキーの覚え直しという手間はありますが、キーボードも打ちやすく大満足です。



また、初めは「画面が大きすぎるのではないか」という不安がありましたが、杞憂でした。

画面が大きいことは正義です。尊ばれるべきです。



毎日持ち歩くというのであれば、さすがに重いかもしれませんが、次のような考えは伝えておきます。


重さは我慢できますが、画面の狭さはどうすることもできない

本当に必要なMacを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、私がMacbookを購入した理由についてお伝えさせていただきました。


新しいものには惹かれてしまいますが、未来の姿から逆算して、今取るべき行動を選択するように心がけましょう。

スポンサーリンク
このサイトで使用しているWordPressテーマ

SEO対策が盛り込まれた最高のWordPressテーマ

DIVERは、WordPress初心者でも簡単に利用することが可能である、高品質/高機能なWordPressテーマです。美しいデザインに注目されますが、その中身も洗練された機能が盛り込まれています。収益化の為のSEO対策は、全てDIVERに搭載されている為、記事執筆に集中することができるようになります。

また、DIVERは一度購入すると、複数のサイトで利用し放題となります。
加えて永年無料アップデート・問い合わせサポートが付いていますので、「これからブログを頑張りたい」と考える方に最適なテーマと言えるでしょう。

おすすめの記事